業界ニュース

週刊スーパーマーケットニュース

2023-02-07 10:03:00 guanli 41

週刊スーパーマーケットニュース 

SDGsの観点も取り入れたスポンサー契約に注目

スーパーマーケットのスポンサー契約は、地域貢献を目的としたものが多い。米国では地元のスーパーマーケット「ジャイアンツ」とメジャーリーグベースボール(MLB)チームの「フィラデルフィア・フィリーズ」とのスポンサー契約、日本ではサミットと日本女子サッカー「なでしこリーグ」一部所属の「スフィーダ世田谷FC」のスポンサー契約が代表的な例として挙げられるだろう。そうした中、ヤマナカは、東山動植物園(愛知県東山市)の絶滅危惧種の動物とのスポンサー契約を結んだ。 地域貢献だけではなく、SDGsの観点も取り入れたこの契約に注目したい。(1月20~26日のニュースをまとめました)。

1675736264282761.png

ユニバース
環境にやさしい「エコ野菜」を販売

 ユニバースは1月24日から、「エコ野菜」のごぼうと長いもを55店舗で販売する。これは、店舗で発生した野菜や肉・魚、総菜などの食品残渣を食品リサイクル業者が堆肥に分解・再生し、協力農家がその堆肥を使って生産したもの。昨年11月に発売した「エコにんじん」に続く第2弾で、ごぼう6トン、長いも50トンを用意した。

JA全農
4年ぶりの「国産農畜産物商談会」

 全国農業協同組合連合会は2月1~2日の2日間、東京都立産業貿易センター浜松町館で、生産者への販売支援や国産農畜産物の販売力強化の一環として「第17回JAグループ国産農畜産物商談会」を開催する。国産農畜産物や加工品などの販売チャネルの拡大を目的に、JAグループの地域色あふれた商品を実際の取引につなげていくための商談会で、4年ぶりの現地開催となる。第17回目となる今回は86団体が出展し、地域商品を紹介する。

 また、2月1日から3月31日まではオンライン商談会を開催し、会場内のブースを再現したバーチャル商談会も行う。

NewDays
全店舗で「ニッポンエールフェア」

 NewDaysは1月24日~2月13日に、日本各地の食材と農業生産者を応援する「ニッポンエールフェア」を、NewDays全店舗で開催。JAグループの原材料を使用したコラボ商品や「ニッポンエール」ブランド商品、国産牛乳の消費喚起や酪農の理解醸成を目的にした「酪農応援プロジェクト」商品を販売する。